• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

デジタルを活用した世界はより広がっている

広告はその商品やサービスの魅力をより分かりやすく紹介することに、その目的があります。しかし短い時間帯では伝えきれないことも多いなど、広告は意外に難しいことも多いのです。しかしだからこそ、デジタルとリアルでは広告におけるメリットもあります。そんな広告におけるデジタルとリアルについてご紹介します。

まるでその場にいるかのようなネットショッピング

商品を購入するとき、多くの人が商品に対する魅力を感じるからこそ、購買意欲を生じるものです。購買意欲を感じるためには、その商品にどれだけの魅力があるか、目で見て感じて、魅力を知りたいもの。デジタルとリアルが融合することで、商品の魅力をより感じることができるようになりました。

仮想空間まで旅行できる

デジタルとリアルが融合することで、できることはさらに広がっています。これまでできなかったことができるようになっています。例えば旅行もそうです。行きたいけれど色んな弊害があって行けなかった場所にも、そして仮想空間にも、人は旅をすることができるようになったのです。

魅力紹介をよりわかりやすく

人の生活はデジタルによって様々に変化し始めています。これまではリアルであることが当たり前だったものも、デジタルの進化によって変化しました。
例えばAIもそう。声1つで部屋の明かりをつけ、テレビをつけ、お風呂を沸かしてくれる。朝、目を覚ましてから出勤するまでの時間帯に必要な手間をAIが学習し、そこを移動するだけで人間は活動できるように設えてもらえる。もっとこうなればいいのに、こんな人も楽に生活できるものがあればいいのに。こうした思いがリアルとデジタルの融合の中で変化した結果といえましょう。もちろん楽になったというだけでなく、実際にリアルな刺激を得ることで、更にデジタルの進化へのアプローチも芽生えます。
つまり単純に、デジタルが私たちのリアルな生活を楽にしているということではなく、新しい生活のスタイルが作られ、日々が変化しているということです。
そんな中、私たちの気づかないところでもデジタルとリアルが融合しています。デジタルの難しい仕組みは分からなくても、日々目にしているものにはこうした進化が加えられているものも増えているのです。
デジタルなんて難しくてよく分からない。そんな方も多いでしょう。しかし少しずつ変わっていく中で、全く知らないだけでは不安も生じるもの。
そこで、こちらではデジタルとリアルが融合したことによってどんな変化が生じているのか、その変化に関してご紹介します。こんなものが変化していたのか。そう感じるところから好奇心を持ってみるというのも、新しいデジタルへのアプローチなのです。