デジタルを活用した世界はより広がっている

リアルな広告の利点

広告業界では、様々な紙面広告がデジタル化しています。そして更に変化した広告では五感に刺激するようなものも登場しつつあるのです。例えば食品のアピールを目的とする広告ですが、これまではビールなら発砲する音、また歯ごたえのある食材なら噛んだ時の咀嚼音などを効果的に組み合わせて、その商品の魅力を見ている人に伝えるといった手法がとられてきました。
今はさらに進化し、匂いまで感じられる広告物も登場しています。焼肉のアピールならば肉の焼ける音に合わせて、肉を焼くときの匂いまで感じられるのです。こうして五感を刺激するデジタル広告の普及によって、よりその商品やサービスの魅力を、広告を観る人に感じてもらうことができるようになりました。

デジタル化することで表面化することも

電車に乗れば吊り広告、街を歩けば看板等、一度外に出ればリアル広告を目にする機会も多くあります。また上を見れば街頭モニター、手にするタブレットを見れば短時間CMなど、私たちを取り巻く環境には多種多様な広告媒体が存在していることに気付かされます。
こうした広告には、見る側にどんな効果があるのか、またどれだけの人がその広告を見ているのか、それを探る必要がありました。観る人側を調査することで、アピールするべきポイントや方向性を見出し、より商品やサービスの魅力の伝え方を考慮するため必要なこととされました。とくにデジタル広告は、リアルな広告物より閲覧者側を調査しやすい利点があります。視聴者を把握することができるため、より見やすさ、興味を探ることができるのです。