まるでその場にいるかのようなネットショッピング

より鮮度を感じられる市場

ネットショッピングで商品を購入するとき、気になるのはどうしてもその商品自体を見られないという点です。そのため、例えば生鮮食品などの購入の場合、その商品の鮮度や特徴を実際に確認できない不安から購入をためらうという方も多くいました。しかしデジタルとリアルが融合することにより、より五感で感じられる買い物ができるようになっているのです。
例えば生鮮食品にこうした変化は増えています。生産者が集荷した生産物について、デジタルで購入希望者にその色や特徴を見てもらう。生産者は同時にどんな環境で生産物を作っているのか、その際の苦労は何かなども併せて説明できます。しかも、購入者はこうした生産者の顔や努力の結晶も併せて確認できるのです。デジタルとリアルの融合により、ネットショッピングでも安心して購入できる環境が整ってきています。

サイズや色にも失敗がない

店頭で商品を購入する際にもデジタルとリアルの融合による変化が生じています。例えば洋服を購入する際、なるべくなら試着して色やデザインを確認したいという際でも、試着の際に洋服に傷をつけ、汚してしまう可能性を心配し、試着を敬遠するケースがあります。本来なら試着するのが一番と分かっているけれど、試着できる状況にない場合、購入を諦めて思いとどまってしまう。しかし、そんな場合でも試着できる方法が誕生しています。
店頭に設置される姿見にデジタル加工され、その後ろに立つと、気になる商品を試着したかのような映像が映し出され、自分の印象と合うかどうか試着しなくても確認できるのです。デジタルとリアルの融合によって生じる変化は、こうした何気ない試着という形にも大きな影響を与えています。