仮想空間まで旅行できる

遠くまで行かなくても

旅行というとスーツケースを持って、遠くまで出かけるもの。それが当たり前でした。しかしその当たり前は変わりつつあります。移動しなくても、デジタルの力によって旅行体験を味わうことができます。
非日常感を味わいに、また古き良き古都を巡りに、旅行に出かけたい。例えば旅行への憧れを、そう思っても様々な不安が多々あるものです。移動時間や手段、また人が密になることによって生じる心配など。しかし、もうそれらの不安や心配はデジタルが解決してくれるようになりました。単に3D映像だけでなくVRといった手法によっても、更にリアルに旅行を体験できるのです。移動の心配を感じず、憧れの場所、希望する環境をまるでその場にいるかのような没入感も感じられます。

仮想空間は身近に

デジタルにはデジタルの良さが、そしてリアルだからこそ感じられる良さはそれぞれにあります。だからこそこれらが融合することによって、更なる良さを感じられるものがあります。例えば仮想空間に入り込んだような体験は、まさにデジタルとリアルが融合することによって得られる楽しみ方です。これまではテレビモニターなどの向こう側を平面的に感じるしかなかったデジタルの世界も、VRやAIなどによって、よりその世界に入り込めるようになりました。向こう側に感じた世界は、すぐ隣に感じられるのです。遠くまで行かなくてもどこへでも行った気持ちになれるようになり、リアルに目の前になくても、あるかのように五感で感じることができる。
使い方によって、生活をより充実させてくれるデジタルはこれからもより進化していくことでしょう。